2010年06月02日

家族旅行4日目

旅行4日目。

この日は朝から徳島のもう一つの名物渦潮へ。


鳴門01.JPG


ムネリンも、初めての船と渦潮に大興奮でした。


鳴門02.JPG


その後、ポカリスウェットやオロナミンCで有名な大塚製薬が、税金対策、創業75周年

事業として開設したと言う『 大塚国際美術館 』へ。

ここは世界中の名画を、陶器の板に原寸で焼き付けたものを展示してあります。

学生の頃、美術の教科書に載ってたような有名な絵は、ほとんどあります。

イタリアのシスティーナ礼拝堂、ミケランジェロの『 最後の審判 』もこの通り。


鳴門03.JPG


鳴門04.JPG


僕が一番好きな、レンブラントの『 夜警 』もちゃんとありました。


鳴門05.JPG


それから、最近映画の影響で有名なダビンチの『 最後の晩餐 』

この絵は、1999年に修復されたらしいのですが、ここではなんと、修復前と修復後の二

つの絵を、同じ部屋に向かい合わせで飾ってあります。


鳴門06.JPG


修復前


鳴門07.JPG


修復後


こんな展示の仕方してるのは、世界でも多分ここだけでしょう。


何の気なしに入った美術館でしたが、あまりの展示数と広さに、気づいたら4時間半も経

過していました。


その日に福岡に帰る予定でしたが、遅くなってしまったので、急遽、明石海峡を渡って、

神戸の友人宅に泊めてもらい、翌日帰ってきました。


4泊5日、総走行距離1,600qの家族旅行でした。


来年はどこに行こうかなー。
posted by 0.1d at 16:19| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

家族旅行3日目

旅行3日目。

この日は朝からあいにくの雨でしたが、予定通りに桂浜へ。


高知04.JPG


いきなり闘犬のお出迎え。

学生時代ツーリングで高知に行った友人に、闘犬の様子を撮影したビデオを見せてもら

い、とてつもなく気持ち悪くなったのを思い出します。


とりあえずべたな場所で1枚。


高知05.JPG


雨で気温も低かったので、ムネリンは完全防備です。


高知06.JPG


坂本さんの銅像。


高知07.JPG


思ったより大きかった。


竜馬記念館の蝋人形とムネリン。


高知08.JPG


この坂本さん、リアルすぎてちょっと怖かった。


その後、高知に別れを告げ、徳島へ。

徳島といえば、鳴門の渦潮に阿波踊り。

まずは、阿波踊り会館へ。

ここは毎日2回、ホールで阿波踊りを実演してくれます。

徳島01.JPG


阿波踊りをちゃんと見たのは初めてでしたが、2拍子のお囃子と、統率された踊りが妙に

心に響きます。

最後には全員参加で踊ったりもできます。


徳島02.JPG


ムネリンも楽しく踊ったら、なんと上位5人に入賞しました。


徳島03.JPG


優勝は真ん中の赤いレイのおじさん。

入賞のご褒美に、手ぬぐいを頭にまいてもらいました。


徳島04.JPG


最後に踊り子さんと1枚。


徳島05.JPG


踊り疲れたのか、ホテルに戻ったらすぐに爆睡してしまいした。


徳島06.JPG


夢の中でも踊ってるのかな。
posted by 0.1d at 21:38| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

家族旅行2日目

旅行2日目。

まずは岡山市にある日本三名園のひとつ『 後楽園 』へ。


岡山01.JPG


ここも桜が満開でした。


岡山02.JPG


着物を着た花嫁さんが、桜と岡山城をバックに写真撮影をしていました。


岡山03.JPG


奥に写っている後ろ姿の新郎さん。

わかるよ。こういう時新郎は暇ですもんね。


ムネリンも岡山城をバックに1枚。


岡山04.JPG


岡山城の中にお殿様の部屋があったので、ムネリンを座らせてみましたが…


岡山05.JPG


大号泣でした。

気を取り直して、大名かごに乗せてみましたが…


岡山06.JPG


やっぱり大号泣でした。


ただその後はご機嫌になって、こんな顔してました。


岡山07.JPG



その後、瀬戸大橋を渡って、四国へ突入。


岡山08.JPG


岡山09.JPG


人生2度目の瀬戸大橋でしたが、やっぱりその大きさに圧倒されます。

かもめ大橋が可愛く感じます。


四国に入って、まずは讃岐うどんで腹ごしらえ。

写真は無いですが、ビニールハウスの中で食べるディープなうどん屋でした。

衛生的には…でしたが、味は最高でした。


その後、香川県観音寺市にある『 銭形砂絵 』へ。


香川01.JPG


縦122m、横90m、周囲345mもある、砂でできた寛永通宝の彫刻です。

琴弾公園山頂の展望台から見ることが出来ます。


それから、一気に高知へ。

ホテルにチェックイン後、この日も地元の店で地の物を。

高知といえば『 かつおのタタキ 』


高知01.JPG


手前にあるのは、こちらも名物『 じゃこ天 』

しかし、一番珍しかったのはこれ。


高知02.JPG


なんと『 うつぼのタタキ 』

ちょっと抵抗ありましたが、食べてみるとコリコリして以外にうまい。

福岡ではなかなか食べる機会が無いですね。


ライトアップした高知城を見ながらホテルに帰って、2日目は終了です。


高知03.JPG
posted by 0.1d at 00:20| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

家族旅行

仕事が落ち着いたので、休みを取って旅行に行ってきました。

まずはじめに向かったのは岡山県の倉敷。

ここは昔ながらの街並みを『 美観地区 』として保存しています。


倉敷01.JPG


倉敷02.JPG


福岡では終わりかけだった桜も、まだまだ綺麗に咲いていました。


こちらは美観地区の中にあった証券会社。


倉敷03.JPG


証券会社と言う事で、表に相場の見通しが掲げてあったんですが。


倉敷04.JPG


なんと黒板にチョークで手書き。

街の景観に合わせての事だとは思いますが、とても綺麗な字に驚きました。



その日の宿は、美観地区の中にある『 倉敷アイビースクエア 』


倉敷05.JPG


明治時代に建てられた倉敷紡績所の工場を再開発したホテルです。


倉敷06.JPG


ホテルの敷地内も桜が満開でした。


倉敷07.JPG


倉敷08.JPG



夕食はホテルの近くのお店で、地の物を。

岡山と言えば『 ままかり 』


倉敷09.JPG


倉敷10.JPG


正式にはサッパと言う名前のニシン科の魚です。

『 ままかり 』 は 『 飯借り 』と書き、あまりのおいしさに、炊いた飯が足りずに隣に飯を借

りに行く、と言うのが由来だそうです。

店の人が言うには、日本全国どこにでもいる魚らしいのですが、小骨が多くて食べにくい

ので、岡山の人以外食べないだけとの事。

岡山の人は手先が器用なんですかね。
posted by 0.1d at 15:51| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

巨大パフェ

長崎市のアーケード内にある『カフェ オリンピック』


巨大01.JPG


知る人ぞ知る巨大パフェの店です。


今回注文したのは80センチのパフェ。


巨大02.JPG


でかい!!

4人で食べたんですが、意外とすんなり食べれました。

次回はもうワンランク上の1メートルに挑戦してみたいと思います。


巨大04.JPG


街中にあった長崎さるくのキャラクターが、V・ファーレンのユニを着てました。


巨大05.JPG


ちゃんと地域に根付いてるんですね。
posted by 0.1d at 15:08| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

温泉旅行A

旅行の2日目は朝から滝めぐりです。

まずは、旅館の近くにあった『夫婦滝』


温泉10.JPG


別々の水源の男滝と女滝がここで合流し、筑後川から有明海に行くそうです。

お侍さんと村娘の悲恋の伝説もあるらしく、今では縁結びの滝として有名との事。


だから、滝への遊歩道はこんなんなってます。


温泉11.JPG


う〜ん…雰囲気が…


その次に行ったのは、緑茶のCMにも使われた事がある『鍋ヶ滝』

松嶋菜々子が出ていたCMです。


温泉12.JPG


CMに使われるだけあって、とても綺麗な滝でした。

滝の裏側にも行けます。


温泉13.JPG


しか〜し…この滝、たどり着くまでにかなり急な山道を下って行かなければなりません。

綺麗な滝を見るためとは言え、ちょっと疲れました。


その後、大分県へ入り、『くじゅう花公園』へ。


温泉14.JPG


最近ガーデニングが趣味なんで、色々な花が見れて勉強になりました。


そして締めはまたもや滝。

と言っても、正式には『白水溜池堰堤』

通称『白川ダム』

竹田市にあるダムです。


温泉15.JPG


ダムを建設した場所が火山灰土で地盤が弱い所だったので、階段状に石を積み上げ、

階段の上を流れる水を段々に落とす事で水の勢いを弱めているそうです。

その結果、レースのカーテンの様な模様になっているのです。


温泉16.JPG


当時の役場の人のちょっとした遊び心だったそうですが、凄いですね。


2日間ほぼ水場めぐりでしたが、マイナスイオンを浴びてリフレッシュできました。
posted by 0.1d at 16:07| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

温泉旅行@

うちの両親と4人で熊本へ温泉旅行に行ってきました。

まず向かったのは阿蘇。

草千里を抜けて火口へ行くつもりが、ガス規制により断念。

気を取り直して次の目的地へ。

阿蘇神社に参拝した後、昼食は高森にある『高森田楽保存会』


温泉01.JPG


落ち着いた雰囲気のお店です。


温泉02.JPG


見た目は辛そうですが、意外とあっさりした味噌味です。

自分のではなく向かいの人の焼き具合をみてあげないといけません。


食事の後は、同じ高森にある『湧水トンネル公園』へ。


温泉03.JPG


延岡と熊本を結ぶ九州中部横断鉄道のトンネルになるはずでしたが、予想以上の水が

噴出したため工事を断念し、今のような公園になったそうです。


ここの目玉は何と言っても『ウォーターパール』


温泉05.JPG


水に特殊な音波を与え球体にし、ストロボの効果で不思議な現象を起こしています。

目の錯覚とわかっていてもやっぱり不思議です。


その後、本日のお宿、小国町にある『滝の上温泉 お宿花風月』へ。


温泉06.JPG


黒川温泉から車で数分の場所にある静かな宿です。

嫁が妊婦と言うことで、露天付の部屋に宿泊しました。


温泉07.JPG


温泉08.JPG


部屋付のお風呂以外にも、滝が見える貸切湯もあります。


温泉09.JPG


お値段はちょっと高めですが、とても素敵な旅館でした。
posted by 0.1d at 15:20| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

イチゴ狩り

先日の日曜日、天気が良かったのでイチゴ狩りに行ってきました。

向かったのは、うきは市にある『うきは果樹の村やまんどん』


苺01.JPG


看板には、『ぶどう』と『なし』しか書いていませんが、ちゃんとイチゴもあります。


苺02.JPG


ビニールハウスの入口に立つだけで、甘いイチゴの香りがします。

ここで食べれるのは『さちのか』 『さがほのか』 『紅ほっぺ』の3種類。

中に入ると目の前にはたくさんのイチゴが。


苺03.JPG


苺04.JPG


自分と嫁は『さちのか』が一番美味しいとの意見で一致しました。

制限時間の30分の間、もう当分イチゴはいいやって位食べまくりました。


食べるのに必死で、カメラを向けても見向きもしない嫁。


苺05.JPG


やまんどんの人が言うには、30分の間に1人で200個以上食べた人もいるらしいです。

10秒に1個食べても間に合わないんですけど…
posted by 0.1d at 16:21| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

宮崎・鹿児島

1泊で宮崎と鹿児島に行ってきました。

朝7:30に出発して、高速に乗って宮崎へ。

最初に向かったのは、都城にある地鶏料理の店『やすらぎの里』

宮崎によく出張に来る友人から教えてもらった、穴場のお店です。


宮崎01.JPG


知らないと場所もわからないまさに『穴場』のお店です。

店の裏で自分で育てた地鶏を、その日の朝しめて食べさせてくれます。

入り口にめだかの学校がありました。


宮崎02.JPG


まずは、『鶏さし』と『鶏の生ハム』を注文。


宮崎03.JPG


これはウマイ!!

友人が自身を持って勧めてきただけの事はあります。

鶏さしのお皿の左下にあるのは『トサカ』の刺身です。

初めて食べたけど、こりこりして美味しかった。

新鮮だから食べれるんですね。

続けて、『もも肉とぼんじりの炭火焼』『手羽のから揚げ』を注文。


宮崎04.JPG

宮崎05.JPG


これまたウマイ!!

最後は、『しる飯』で締め。


宮崎06.JPG


焼いた鶏皮をご飯にのせて、鶏のだし汁をかけたお茶漬けみたいな感じです。

初めて食べました。

やっぱりウマイ!!

とにかくこの単語しか出てきません。

この店を紹介してくれた友人に感謝です。
posted by 0.1d at 18:10| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

大分

大分の親戚の家に遊びに行ったついでに、用作公園へ行ってきました。

少し時期が遅かったのか、だいぶ葉が落ちてました。

それでも、池の水面にうつって綺麗です。


大分01.JPG


テンション上がって、坂道をダッシュする嫁。


大分02.JPG


その後、竹田、黒川経由で日田へ。

途中立ち寄った展望台から観た阿蘇五岳の涅槃像。


大分03.JPG


ホントにお釈迦様が寝ているみたいです。

ここでも再びテンションが上がり、涅槃像をバックに坂道をダッシュする嫁。


大分04.JPG


テンションが下がらず、アスレチックではしゃぐ嫁。


大分05.JPG


夕食は、日田のひつまぶしの店『千屋』へ。


大分06.JPG


ここのひつまぶしは、何度食べても美味しいです。
posted by 0.1d at 15:20| Comment(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

大坂食べ歩き旅行(ついでに試験)

試験を受けに大坂に行って来ました。

飛行機の往復料金+ホテル代のパックが安かったので、飛行機で大坂へ向か

いました。

しかし…まさかの関西国際空港行き。

それもプロペラ機です。


大坂01.JPG


南海電鉄の特急列車『ラピート』に乗って市内へ移動。

スケバン刑事の鉄仮面みたいです。


梅田に到着し、友人の奥さんに教えてもらったねぎ焼きの店で昼食。


大坂02.JPG


『ねぎ焼きやまもと』というお店です。


大坂03.JPG


とりあえず、焼きそばを注文。


大坂04.JPG


その後、お待ちかねのねぎ焼き。

僕は海鮮ねぎ焼きです。

あっさりして美味しかった。


ホテルにチェックインした後、ねぎ焼きの店を教えてくれた友人夫婦と合流し、大

坂観光へ。


大坂05.JPG


お約束の『グリコ』


大坂06.JPG


こちらもお約束の『かに道楽』


大坂07.JPG


一番のお約束『くいだおれ』は残念ながらつぶれてました。


夕飯は、串かつの店『だるま』へ。


大坂08.JPG


大坂でも1.2を争う人気店との事です。


大坂09.JPG


ホタテが美味しかった。


翌日は難波でたこ焼き。


大坂10.JPG


これまた美味しい。

以上1泊2日の大坂食べ歩き旅行でした。(試験は??)
posted by 0.1d at 11:31| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ土産2

嫁のタイ旅行土産第2弾です。


トム01.JPG


トムヤムクンっぽいカップラーメン。


トム02.JPG


見た目ほど辛くは無い。

ただ…正直味はいまいちでした。
posted by 0.1d at 10:57| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ土産

嫁がタイに行ってきました。

で、買ってきたお土産がこれ。


タイ01.JPG


タイのスーパーで普通に売ってるお菓子。

パッケージに爽やかなカップル。

日本のお菓子のパッケージには無い感じです。

そういえば、以前友人から貰ったタイ土産の歯磨き粉のパッケージもこんな感じ

でした。


早速食べてみました。


タイ02.JPG


中にもまたこの2人が…


タイ03.JPG


ピントが奴らに合ってますが…

チョコレートをウェハースとクラッカーで挟んだお菓子。

意外??と美味しい。

続けて2枚目を開けると、


タイ04.JPG


なぜかクラッカーが半分しかない。

このあたりがタイクオリティーなんでしょうかね。

残念。
posted by 0.1d at 10:33| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

チェスキークルムロフ

結婚を機にブログを始めてみました。

日々の出来事やサッカーの事などをちょいちょい書いていきます。



まずは、先日行ってきた新婚旅行の事から。

チェコにあるチェスキークルムロフという田舎街です。


チェス01.JPG

チェス02.JPG

チェス03.JPG


世界遺産に登録されているだけあって、中世の趣をそのまま残した幻想的な

街でした。


チェス04.JPG


そこで出会った女の子とおじいちゃん。

おじいちゃんにおもちゃを買ってもらって嬉しそう。

おじいちゃんの優しい笑顔も印象的でした。

その後、電車を乗り継いでウィーンへ向かったのですが…

2回電車を乗り換えれば良いはずが、線路の補修工事の影響で、電車とバス

を8回も乗り換える事に。

その都度重いトランクを運びながら、へとへとになってなんとかウィーンへ到着。

その日は死んだように寝たのは言うまでもありません。
posted by 0.1d at 12:37| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。